北里大学
学部・学科・コース紹介
理学部

生物科学科

◇各遺伝子の構造・機能から高次機能までを「分子レベル」で探求

◇内容の濃い実験・実習で,現代生物学への深い知識と実験技術を修得

◇分子生物学,細胞生物学,幹細胞学,免疫学の4講座

複雑な生命現象を、タンパク質や遺伝子など、分子レベルで理解することにより、高等生物における高次生命現象を分子論的に解明することは生命科学の中心課題といえます。本学科は4研究講座からなり、複雑な生命現象を分子レベルで解明できる人材を育成します。

【主な授業・研究】

[遺伝子工学実験] 
生命現象の分子レベルでの解明をめざす現代生物学において必須の実験技術である遺伝子工学的手法のうち,cDNAライブラリーのスクリーニング,PCRによる遺伝子DNA断片の増幅,クローニング,シークエンシングによる塩基配列の決定などについて学びます。  

[分子発生学実験I] 
分子発生学実験Iは,生物科学科で行われる生物系の最初の実習です。この実習では,マウスの発生を中心にさまざまな動物の発生する姿を観察することにより,生命の神秘や発生の美しさを自分の目で確かめることを目標にしています。 

<戻る

▲ページTOP

学部・学科一覧
お問い合わせ
北里大学TOP

(C)Kitasato University.