北里大学
学部・学科・コース紹介
看護

看護学科

◇豊かな人間性と最先端の看護知識,技術を身につけた看護の実践者を育成

◇3つの実習病院を利用した領域別の臨地実習で看護学の理論を実践

◇自らの看護観を見つめ直す機会となるUCLAへの短期留学プログラム

授業科目を1~3群科目に分け、4年間でこれらを段階的・系統的に学べるように配置しています。
豊かな人間性と幅広い教養を身に付けるための1群科目は、選択制を大幅に取り入れ、学生が自分の興味に合わせて自らの学びをデザインすることができます。
解剖学や生理学、疾病論など看護学の基礎となる事柄を総合的に学ぶ2群科目、看護の基礎理論や基礎技術を修得した上で、慢性期・回復期看護、小児看護、地域看護など各分野の実践的な学習をする3群科目を開講しています。 
4年間の学びにより卒業時に身に付けていることが期待される5つの能力、人間性・表現能力・思考力・改革能力・看護実践能力を養います。

<主な授業・研究>

[慢性期看護学実習] 
慢性期看護学実習では,実際に成人期の受け持ち患者を看護することにより,講義内容の理解を深めるとともに,看護の場における諸問題の解決方法について学習し,看護を実践するために必要な基礎的能力を養います。

[看護基礎実習II] 
看護を実践するために必要な知識と技術の統合をはかり,実習を通して自分の受け持ち患者に必要な看護が実践できる素地をつくります。多くの時間を使って学んできた看護基礎技術を,実際に現場で実践することになります。  

<戻る

▲ページTOP

学部・学科一覧
お問い合わせ
北里大学TOP

(C)Kitasato University.